1417橘玲著『上級国民/下級国民』

書誌情報:小学館新書(354),238頁,本体価格820円,2019年8月6日発行

上級国民/下級国民 (小学館新書)

上級国民/下級国民 (小学館新書)

  • 作者:橘 玲
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/08/01
  • メディア: 新書

--

世界が「知識社会化」,「リベラル化」,「グローバル化」という「三位一体の現象」によって,全体として豊かになったにもかかわらず先進諸国の中間層が消滅し,社会の分断を招いている。

そう捉えたうえで,「働き方改革」が標榜されるようになったのは既得権益者である団塊世代が現役から退きはじめたからであり,これからの時代は団塊世代年金問題が焦点となる。社会と「非モテ」のような男のように性愛からも排除された男が復習すると「神」になり,排除すれば「英雄」となる。

「知識経済」と「評判経済」がこの社会を救うとは思えないが,「分断」のいくつかの諸相を描写していた。

「政治信条(党派性)によって分断されたアメリカの構図を示し(の:引用者注)が図表19です」(202ページ)が第5刷(2019年10月13日)になっても「の」が「分断」されたままだ。

-関連エントリー
--橘玲著『もっと言ってはいけない』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/02/23/222724
--橘玲著『言ってはいけない――残酷すぎる真実――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170102/1483367429

-1年前のエントリー
--藤本和子著『塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20190112/1547300232
-2年前のエントリー
--全農・石川佳純卓上カレンダー2018→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180112/1515764080
-3年前のエントリー
--旧東ドイツ時代のマルクス・メダル→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170112/1484229400
-4年前のエントリー
--「みうみま」2回戦敗退(全日本卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160112/1452606548
-5年前のエントリー
--日鉄住金総研(株)著『日本――その姿と心――日英対訳[第10版]』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150112/1421071653
-6年前のエントリー
--許しん(「日」に「斤」),劉詩雯優勝(卓球ワールドツアー・グランドファイナル)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140112/1389535164
-7年前のエントリー
--徳永弘文著『日本の石炭産業遺産』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130112/1358000128
-8年前のエントリー
--時間旅行への招待→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120112/1326379654
-9年前のエントリー
--鈴木信雄著『内田義彦論――ひとつの戦後思想史――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110112/1294842701
-10年前のエントリー
--猪木武徳著『大学の反省(日本の<現代>11)』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20100112/1263308169
-11年前のエントリー
--おさぼり
-12年前のエントリー
--『社会思想史研究』バックナンバーのデジタルデータ→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080112/1200129414
--平田清明著作目録ブログ版(1967)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080112/1200129415