1634遠藤健著『大学進学にともなう地域移動——マクロ・ミクロデータによる実証的検証——』

書誌情報:東信堂,230頁,本体価格3,600円,2022年2月15日発行

文科省の毎年度調査『学校基本調査』からは大学進学時の移動先(都道府県別)がわかる。著者はさらに,進学移動の先行研究の検討,高卒就職・進学移動の時系列分析,首都圏の大学立地,進学移動距離,国立大学における大学進学にともなう地域移動に加え,出身地である福島県の進学移動のミクロデータ分析などを加え,大学進学にともなう地域移動を論じている。
本書によって得た知見がある。東京一極集中と地方の疲弊が喧伝されたが,地方からの転入増ではなく,おもに関東圏内の転入増によって生じていたことをデータにもとづいて指摘している。また,福島県のミクロ分析から,進学時の移動において一部の親移動経験と地域移動先における個人・集団レベルの先行者(とくに兄姉)の有無が大きかったことを導くと同時に,学力が高い生徒は総じて県外に進学を希望する傾向があったが,Uターンを想定する層と学力の高低は無関係であったことを論証している。大学進学時においては地域や学校という集団単位だけでなく家族という個人単位によって規定されていることを見て取っている。
国立大学への進学においても重要な指摘があった。「多様な教育機会を全国的に供給しているとともに,偏差値による選抜が機能しているゆえ,よりレベルの高い国立大学へ移動するメリトクラシ的な地域移動が生じている」(171ページ)。
大学進学にともなう地域移動論は高等教育論だけでなく地域政策論とも重なっており,本書の内容はそれらに関心を持つ読者の期待を裏切らない。

814伊予小富士

終日雨模様の土曜日,夕刻の晴れ間を選んで松山総合公園にいつものオジサンポ(下り坂&平地はオジカケッコ)に行く。

展望広場の西側からは瀬戸内海が一望できる。三津浜松山空港もすぐ下に見える。

興居島(ごごしま)の伊予冨士(282メートル)が正面に見える。その手前は新田学園の校舎。

少し左側に画面を移すと,三津浜の外海が遠望できる。手前には愛光学園の一部がみえる。

-関連エントリー
--ハイトランジア2とロータス2→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/06/18/170010
--雨上がりの紫陽花は七変化→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/06/17/161941
--大連古代蓮https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/06/15/161301
--さくら猫チイクロの狩猟現場を見た!→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/05/05/165557
--アナグマと遭遇(松山総合公園)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/04/27/153432
--さくら猫のお昼寝→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/10/31/153549
--子猫に触る→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/10/16/172308
--子猫に絡む→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/08/12/233000
--子猫に絡まれる→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/08/09/163732
--おじさんと猫→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/07/04/162053
--子猫の木登り→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/27/163028
--猫ともだち→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/26/162415
--オオシマザクラヤマザクラの実→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/05/16/154009
--花の園→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/04/24/162807
--松山城遠景→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/03/28/233000
--フライブルク城の紅梅→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/02/11/145446
--紫陽花→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/20/164228
--松山桜満開→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160403/1459689362

-1年前のエントリー
--鈴木貞美著『満州国——交錯するナショナリズム——』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/25/150437
-2年前のエントリー
--卓球世界選手権(団体)は2021年明けに開催→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/25/151213
-3年前のエントリー
--卓球T2ダイヤモンド2019(マレーシア)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/06/25/223032
-4年前のエントリー
--日本卓球躍進の秘密→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180625/1529933258
-5年前のエントリー
--上田・吉村ペア優勝(卓球ワールドツアー・中国オープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170625/1498384165
-6年前のエントリー
--早田ひな,ベスト8(卓球ワールドツアー・コーリアオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160625/1466860830
-7年前のエントリー
--卓球ワールドツアー・ジャパンオープン第2日→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150625/1435239369
-8年前のエントリー
--『季刊 読書のいずみ』第139号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140625/1403705645
-9年前のエントリー
--入舩徹男著『ダイヤモンドは超音速で地底を移動する』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130625/1372169885
-10年前のエントリー
--海老原嗣生著『就職に強い大学・学部――偏差値・知名度ではわからない――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120625/1340634968
-11年前のエントリー
--ラジオに『資本論』が……→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110625/1309010485
-12年前のエントリー
--フンボルト大学マルクスの言葉→https://akamac.hatenablog.com/entry/20100625/1277472678
-13年前のエントリー
--愛媛大学説明会 in 宇和高校→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090625/1245932230
-14年前のエントリー
--おさぼり
-15年前のエントリー
--世界のデータ地図→https://akamac.hatenablog.com/entry/20070625/1182765088

1634常石敬一著『731部隊全史——石井機関と軍学官産共同体——』

書誌情報:高文研,415頁,本体価格3,500円,2022年2月25日発行

森村誠一の『悪魔の飽食』(角川文庫,1983年,[isbn:9784041365651])や著者の『消えた細菌戦部隊』(海鳴社,1981年;ちくま文庫,1993年,[isbn:9784480027498]),あるいはテレビドキュメンタリーによって「731部隊」はあまねく知られるようになった。著者による「全史」は,「石井機関の構造は防研(陸軍軍医学校防疫研究室:引用者注)を頂点とした731部隊などの防疫給水部という軍事組織と,防研を窓口として日本医学界の人材や情報を活用できるネットワークになっていたこと」(28ページ)を指摘する。「軍学官産共同体」は731部隊の特異性を示すだけではない。
共著論文を個人研究にすり替え,学位論文の公表差止,偽装された論文タイトル,表紙の作り変え(著者は「逸脱の学位論文」と呼ぶ)がおこなわれたのは,ほかでもない。「731部隊」との関連を消すためである。
「乾燥人血漿(輸血代用),濾水機,ペニシリン(碧素),BCG(乾燥),ペストワクチン,発疹チフスワクチン,コレラワクチン,破傷風血清(以上,著者が当時ミドリ十字会長だった内藤良一とのインタビュー時の内藤メモ,340ページ)」は,かつての研究成果であった。とくに輸血とBCGは,復活した「消えた細菌戦部隊」の復活だった。
人体実験の実施と細菌戦の試行を追確認するだけでなく,「731部隊」の時間軸の検討は,現代にも繋がっている。

147外観がコーラン書見台の図書館

アラブ首長国連邦UAE)のドバイに,コーラン書見台を外観にした図書館がオープンした。その名は,Mohammed Bin Rashid 図書館で,アラビア文化と遺産を保護することを使命とすると謳っている。

外観は,コーランを読むときに使う伝統的な木製の書見台——rehl というらしいが,手持ちの辞書にはない——である。

「図書館は見た目が9割」という言葉はない。目を引く図書館であることは間違いない。

About The Library から拝借した。

-Mohammed Bin Rashid 図書館→https://www.mbrl.ae/web/guest/about-the-library

-関連エントリー
--江上敏哲著『本棚の中のニッポン――海外の日本図書館と日本研究――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170216/1487252836
--岡本真/森旭彦著『未来の図書館,はじめませんか?』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160602/1464876966
--樋渡啓祐著『沸騰!図書館――100万人が訪れた驚きのハコモノ――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150303/1425391462
--ジェームズ・W・P・キャンベル著ウィル・プライス写真(桂英史日本語版監修野中邦子・高橋早苗訳)『美しい知の遺産 世界の図書館』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150302/1425305795
--神代浩編著『困ったときには図書館へ――図書館海援隊の挑戦――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150114/1421246406
--猪谷千香著『つながる図書館――コミュニティの核をめざす試み――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140304/1393936757
--(社)日本図書館協会図書館調査事業委員会編『日本の図書館――統計と名簿 2012――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130315/1363358180
--加藤信哉・小山憲司編訳『ラーニング・コモンズ――大学図書館の新しいかたち――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130221/1361458792
--山内祐平編著『学びの空間が大学を変える――ラーニングスタジオ/ラーニングコモンズ/コミュニケーションスペースの展開――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101222/1293025066
--図書館は情報収集拠点→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090216/1234777632
--「図書館」か「アイデアの倉庫」か→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081213/1229161512
--『別冊環⑮ 図書館・アーカイブズとは何か』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081128/1227866928
--高田高史著『図書館が教えてくれた発想法』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080128/1201514522
--田坂憲二著『大学図書館の挑戦』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071005/1191577855
--前川恒雄・石井敦著『新版 図書館の発見』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20070320/1174375564
--逸村裕・竹内比呂也編『変わりゆく大学図書館』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20070319/1174268191

-1年前のエントリー
--統計エキスパート人材育成プロジェクト→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/23/162223
-2年前のエントリー
--(その3)山本章子著『日米地位協定——在日米軍と「同盟」の70年——』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/23/152100
-3年前のエントリー
--難読名字(その47):嶌生→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/06/23/220324
-4年前のエントリー
--平和の原動力:卓球→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180623/1529760147
-5年前のエントリー
--張本・木造ペア,世界チャンピオンペアに勝つ(卓球ワールドツアー・中国オープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170623/1498226285
-6年前のエントリー
--張本,2週連続優勝はならず(卓球ワールドツアー・コーリアオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160623/1466689850
-7年前のエントリー
--明日から卓球ワールドツアー・ジャパンオープンhttps://akamac.hatenablog.com/entry/20150623/1435067947
-8年前のエントリー
--卓球日本オープン・トップ10ショット→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140623/1403531428
-9年前のエントリー
--塩野真人,福原,上田・吉村ペア優勝(卓球ジャパン・オープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130623/1371976096
-10年前のエントリー
--『季刊 読書のいずみ』第131号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120623/1340460365
-11年前のエントリー
--小林昇著作目録ブログ版(特別版)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110623/1308835556
-12年前のエントリー
--辻太一朗著『就活革命』→http://d.hatena.ne.jp/akamac/20100623/1277302048
--大学犬はなちゃんの日常(その171)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20100623/1277302049
-13年前のエントリー
--アマルティア・セン / 後藤玲子著『福祉と正義』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090623/1245766904
-14年前のエントリー
--森政稔著『変貌する民主主義』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080623/1214214195
-15年前のエントリー
--重田澄男著『マルクスの資本主義』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20070623/1182590356

1633原田マハ著『暗幕のゲルニカ』

書誌情報:新潮文庫(は-63-2),510頁,本体価格800円,2018年7月1日発行

ピカソが「ゲルニカ」に託した思いを主人公のキュレーター・八神瑤子にこう語らせている。「芸術は,飾りではない。敵に立ち向かうための武器なのだ」(448ページ)。
スペイン内戦中の1937年4月26日,バスク地方の小都市ゲルニカフランコ将軍率いる反乱軍を支援していたナチス・ドイツの航空部隊が空爆した。その惨状を知ったピカソが共和国支援のために絵筆を取ったのが「ゲルニカ」である。1937年パリ万博スペイン館に展示するために制作された。パリ万博中は共和国担当者(アラゴンなど)から展示取りやめも示唆されるほど物議を醸した作品である。パリ万博終了後は,ナチスによる破壊を危惧し,ヨーロッパ各地での巡回と北米での巡回,MoMAでの展示を経て,スペインに民主主義が戻るまでアメリカにとどめてほしいというピカソの意向によって,42年間MoMAで展示され続けることになった。スペインに返還されたのは1981年である。プラド美術館のちにソフィア王妃芸術センター(本書ではレイナ・ソフィア芸術センター)に所蔵・展示されている。
国連安保理会議場のロビーにはピカソ監修のタペストリーが展示されている(ほかにフランス・ウンターリンデン美術館と群馬県立近代美術館。会議場内の壁画はノルウェーのペール・クロフの作品である)。そのタペストリーが,9.11のアメリ同時多発テロを受けて,アメリカは「テロとの戦い」のためと称してイラク攻撃を開始すべく,パウエル国務長官が国連安保理のロビーで記者会見を開く(本書ではパワー国務長官)。「ゲルニカ」の食べストリーが掛かっているはずが,暗幕で隠されていた。
1937年から1945年までの「ゲルニカ」制作からMoMAでの展示・収蔵と2003年のMoMAでの「ピカソの戦争」企画の同時進行で,ゲルニカ空爆イラク攻撃の非人道性を暴く。前者を実在の女性写真家ドラ・マール,後者を著者の分身・瑤子の「ゲルニカ」展示の格闘から物語を紡ぐ。門外不出の「ゲルニカ」の展示は実現するのか。
バスク祖国と自由」のメンバー・マイテが持っていた一羽の白い鳩の絵はピカソとの意外な接点があった・・・。

1197笹尾・森ペア,3大会連続優勝(卓球WTTコンテンダー・リマ2022)

WTTコンテンダー・リマ2022(6月14日〜19日)が終了し,女子ダブルスで笹尾明日香・森さくらペアが優勝し,5月のフィーダー・フリーモント大会および同・ウエストチェスター大会に続いての優勝となった。

WTTコンテンダー・ザグレブ2022(6月13日〜19日)と重なったものの,男子のブラジルのカルデラノ(CALDERANO Hugo)やドイツのオフチャロフ(OVTCHAROV Dimitrij),女子のプエルトリコのディアス(DIAZ Adriana)らトップ10のエントリーがあり,レベルの高い大会となった。

男子シングルスは第3シードのドイツの邱党(QIU Dang),女子シングルは第2シードのドイツのミッテルハム(MITTERHAM Nina),男子ダブルスはスウェーデンのファルク(FALCK Matias)・シェルベリ(KALLBERG Anton)ペア,混合ダブルスは邱・ミッテルハムペアが優勝した。

男子シングルスでは予選勝ち上がりの韓国の姜動洙(KANG Dongsoo)がR16でカルデラノに勝ち,準決勝で邱に惜敗した。本格的なチョッパーで相手のストップを狙い撃ちする攻撃的なスタイルが特徴だ。朱世赫(JOO Sae Hyuk)を思い出すほど,今大会を盛り上げた。

吉山僚一も予選から勝ち上がり,イングランドのピッチフォード(PITCHFORD Lian),デンマークのグロート(GROTH Jonathan)に勝つも,準々決勝で邱に屈した。丹羽孝希も準々決勝でシェルベリにゲームオールの 10-12 でベスト4入りはならなかった。森薗政崇と予選勝ち上がりの鈴木楓も初戦でポルトガルのアポロニア(APOLONIA Tiago)と邱に負け上位進出はならなかった。

優勝した邱は決勝でオフチャロフにゲームオールで勝ち,ブンデスリーガでの活躍をさもありなんの好調ぶりだった。

女子では20歳になったばかりの長﨑美柚が準々決勝でディアスを降し,決勝でも第2シードのミッテルハムに迫ったがいま一歩届かなかった。笹尾はR16でディアスにゲームオール 10-12 で金星を逃がした。森もR16でブラジルのタカハシ(TAKAHASHI Bruna)に負け,こちらも上位進出はならなかった。

タカハシは森,アメリカのチャン(ZNHANG Lily)に勝ち,準決勝でミッテルハムに惜敗。21歳とまだ若く,これからさらに強くなる,愛媛の伊予柑,いい〜予感がしている。

-WTT→https://worldtabletennis.com/eventInfo?eventId=2574

-1年前のエントリー
--予讃線伊予土居-伊予西条)開通100年→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/21/161728
-2年前のエントリー
--週刊 「 司馬遼太郎 街道をゆく 」 14号 5/1号 大徳寺散歩 嵯峨散歩 [雑誌] (朝日ビジュアルシリーズ) →https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/21/163354
-3年前のエントリー
--『季刊 読書のいずみ』第159号→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/06/21/221902
-4年前のエントリー
--ブレイディみかこ松尾匡北田暁大著『そろそろ左派は<経済>を語ろう――レフト3.0の政治経済学――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180621/1529589431
-5年前のエントリー
--「平成29年度多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170621/1498048722
-6年前のエントリー
--愛媛県東予地方局地域政策課編『東予の誇れる産業遺産(たから)ガイドブック』,同『えひめ東予散策』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160621/1466518293
-7年前のエントリー
--リー・ジャオ優勝(ヨーロッパ競技大会卓球)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150621/1434890614
-8年前のエントリー
--森さくら,U21優勝(卓球日本オープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140621/1403359887
-9年前のエントリー
--水田洋文庫・永井義雄文庫→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130621/1371823850
--第9回国立大学図書館協会マネジメント・セミナー→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130621/1371823851
-10年前のエントリー
--第59回国立大学図書館協会総会→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120621/1340264121
-11年前のエントリー
--大学の教育情報公表義務化の現状→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110621/1308663834
-12年前のエントリー
--ル・コルビュジェ展および図録→https://akamac.hatenablog.com/entry/20100621/1277128132
-13年前のエントリー
--神津朝夫著『知っておきたいマルクス資本論」』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090621/1245589411
-14年前のエントリー
--おさぼり
-15年前のエントリー
--山本義隆著『一六世紀文化革命』1・2→https://akamac.hatenablog.com/entry/20070621/1182421125

1196伊藤がシングルスと早田とのペアでともに優勝し二冠!(卓球WTTコンテンダー・ザグレブ2022)

WTTコンテンダー・ザグレブ2022(6月13日〜19日)の女子ダブルス決勝で,第1シードの伊藤美誠早田ひなペアは,第2シードのドイツのヴィンター(WINTER Sabine)・シャン(SHAN Xiaona)ペアに 3-1 (12-10, 11-3, 8-11, 11-9) で勝ち,今シーズン初優勝をはたした。早田は,張本との混合ダブルスとの二冠となった。

女子シングルスでは,伊藤が平野美宇に 4-2 (11-8, 4-11, 11-4, 11-7, 10-12, 11-1) と振り切り,優勝した。伊藤は早田との女子ダブルスとの二冠となった。平野は負けたものの久し振りに国際大会ファイナリストになった。ハリケーン平野の復活を感じさせるプレーをみせていた。

男子ダブルス決勝では,宇田幸矢・戸上隼輔ペアが韓国の張禹珍(JANG Woojin)・趙大成(CHO Daeseong)ペアに 0-3 (9-11, 11-13, 8-11) で負け,優勝はならなかった。惜しかったのは第2ゲーム。10-6 のリードから追いつかれ,一気に逆転された。このゲームを取っていれば競った展開になっていただけに残念な結果となった。趙は第2ゲーム途中まで徹底したストップレシーブで宇田,戸上の強打を封じていた。

男子シングルスは,台湾の第4シードの林昀儒(LIN Yun-Ju)が中国の向鵬(XIANG Peng)に 4-0 (11-8, 11-9, 11-5, 11-8) で勝ち優勝した。韓国の趙勝敏(CHO Seungmin),宇田,第1シードのスウェーデンのモレガード(MOREGARD Truls)に勝ったドイツのフランチスカ(FRANZISKA Patrick)らに完勝し,実力を発揮した。サーブからの安定した攻撃とチキータを主とした攻めのレシーブは安定していた。

第2シードのスロベニアのヨルジッチ(JORGIC Darko)は初戦でインドのグナナセカラン(GNANASEKARAN Sathiyan)に負け,初戦敗退となった。

-WTT→https://worldtabletennis.com/eventInfo?selectedTab=Overview&eventId=2539
-テレ東卓球チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UCVG4KpQRpA99jZk2hHZT9-Q

-関連エントリー
--張本・早田ペア,初優勝(卓球WTTコンテンダー・ザグレブ2022)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/06/19/164920

-1年前のエントリー
--週刊 「 司馬遼太郎 街道をゆく 」 37号 10/9号 洛北諸道 丹波篠山街道 [雑誌] (朝日ビジュアルシリーズ) →https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/20/160848
-2年前のエントリー
--紫陽花→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/20/164228
-3年前のエントリー
--中村哲著『東アジア資本主義形成史論』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/06/20/224422
-4年前のエントリー
--真保裕一著『ローカル線で行こう!』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180620/1529501575
-5年前のエントリー
--トップ10ショット(「世界卓球2017ドイツ」)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170620/1497961683
-6年前のエントリー
--『別冊環22 ジェイン・ジェイコブズの世界』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160620/1466430206
-7年前のエントリー
--オフチャロフ優勝(ヨーロッパ競技大会卓球)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150620/1434808725
-8年前のエントリー
--第10回国立大学図書館協会マネジメント・セミナー→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140620/1403259440
-9年前のエントリー
--第60回国立大学図書館協会総会→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130620/1371733300
-10年前のエントリー
--細川智栄子著『王家の紋章』第57巻→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120620/1340200308
-11年前のエントリー
--社会政策学会編『社会政策』第3巻第1号(通巻第8号)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110620/1308578687
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--演劇『資本論』(続報)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090620/1245473521
-14年前のエントリー
--おさぼり
-15年前のエントリー
--音無通宏編著『功利主義と社会改革の諸思想』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20070620/1182334982