1587高橋昌郎著『明治のキリスト教』

書誌情報:吉川弘文館,298+5頁,本体価格8,500円,2003年2月10日発行

西洋化を目指した近代日本においてキリスト教が文化や政治・社会・思想などにどのような関連をもったのかを考察したもので,外来文化としてのキリスト教を分析している。評者が本書を繙いたのは帝国憲法発布までの時期にあって瀬戸内(岡山・今治・松山・伊予小松地方)におけるキリスト教の展開を論じていたからだ。
伊予地方へのプロテスタント伝道はアメリカン・ボードのアッキンソンと摂津統一基督公会のメンバーふたりによる伝道旅行が最初とあった(1876年春)。また,最初期のキリスト教徒は慶応義塾出身者と同志社出身者が多かった。とくに,同志社では「松山バンド」と称される多くの伊予出身の神学徒がいたという。
竹中正夫「初期の同志社と松山の人びと」(同志社大学人文科学研究所キリスト教社会問題研究会『キリスト教社会問題研究』第36号,1988年3月→同志社大学学術リポジトリhttp://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008394)を参照しながら(一部似た表現があった),宗教心が盛んであり,多くの俳人を輩出した文化的土壌があり,「信徒たちは自己の心情に福音の響きを反響させ,その信仰体験を詩歌として表明し,日本の文化的感受性をもって福音に応答するようつとめた」(122〜123ページ)と特徴づけていた。
竹中稿は,松山のキリスト者は「雄壮な阿蘇を背にした熊本のような荒々しさはな」く,「カラッ風の吹きすさむ上州のような凜々さとも異なる」。「(熊本バンドとは異なり:引用者注)渋い味わいをもっていた」・「温和な性格をもち,物事にひかえめであり,地味であった」(88ページ)と立ち入った評価をしていた。
四国最初の女学校の松山女学校(現東雲学園),日本でも最初の定時制学校の普通夜学会(のちの松山夜学校)[現松山学院」はプロテスト伝道の過程で生まれた教育機関だ。また,仙台の東北学院宮城学院の創立に力を注いだ押川方義は松山出身。「日本人の作った賛美歌の中で最も広く愛唱されている賛美歌の一つである「山路越えて」(現行賛美歌404番)の作詞者として有名」(竹中71ページ)な西村清雄(すがお)は松山夜学校の初代校長,「おそらく日本のプロテスタント神学者のなかで,日本の精神的伝統を生かして,神学的考察を志向した最初の神学者」(同83ページ」である魚木忠一は松山夜学校→同志社大学神学部の出身だった。

1168王楚欽,王曼昱, 許昕・劉詩雯ペアが優勝(WTTマカオ大会)

WTTマカオ大会が終わり(1月19日〜23日),男子シングルスでは王楚欽(WANG Chuqin),女子シングルスでは王曼昱(WANG Manyu),混合ダブルスでは許昕(XU Xin)・劉詩雯(LIU Shiwen)ペアが優勝した。第1シードの樊振東(FAN Zhendong)は,準々決勝で徐瑛彬(XU Yingbin)の強打に屈した。

王楚欽は,決勝で林高遠に 4-3 (11-8, 9-11, 10-12, 9-11, 14-12, 11-9) としぶとく勝ちきった。いずれも競ったゲームでどちらが勝ってもおかしくなかった。王は準々決勝で馬龍(MA Long),準決勝で許に快勝していた。準優勝の林は準々決勝の対林誌東(LIN Shidong)でゲームオールの 7-10 からの大逆転で生き返った。

女子は優勝した王が対陳夢(CHEN Meng)でゲームオールで,劉は対孫穎莎(SUN Yingsha)に快勝していた。王はフォアハンドに加えてバックハンドが安定し,一回り強くなった印象だ。体の軸が安定していた。

混合ダブルスは東京2020で水谷・伊藤ペアがよくぞこのペアに勝ったと思うほど許・劉ペアの強さが際立っていた。準優勝の樊・蒯曼(KUAI Man)ペアは準々決勝で世界チャンピオンペアの王楚欽・孫ペアにゲームオールで勝っていた。

-WTT→https://worldtabletennis.com/home
-テレ東卓球→https://www.youtube.com/channel/UCVG4KpQRpA99jZk2hHZT9-Q

-1年前のエントリー
--「卓球ストーカー」でも「草卓球プロ」でもない→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/24/171144
-2年前のエントリー
--東京2020卓球団体出場決定戦→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/24/233000
-3年前のエントリー
--ナイジェリアの卓球事情→https://akamac.hatenablog.com/entry/20190124/1548333377
-4年前のエントリー
--イエンス・フェリッカ著(今野昇訳)『ワルドナー伝説』(WEB版)Vol.3→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180124/1516800298
-5年前のエントリー
--政治経済学・経済史学会編『歴史と経済』第234号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170124/1485265670
-6年前のエントリー
--伊藤美誠,ベスト8止まり(卓球ワールドツアー・ハンガリーオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160124/1453641765
-7年前のエントリー
--政治経済学・経済史学会編『歴史と経済』第226号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150124/1422109377
-8年前のエントリー
--熊野純彦著『マルクス 資本論の思考』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140124/1390574234
-9年前のエントリー
--ドイツの「在宅保育手当」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130124/1359037747
-10年前のエントリー
--絹川正吉・小笠原正明編『特色GPのすべて――大学教育改革の起動――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120124/1327413684
-11年前のエントリー
--幸徳秋水と『共産党宣言』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110124/1295877541
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--大学犬はなちゃんの日常(その98)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090124/1232804129
-14年前のエントリー
--平田清明著作目録ブログ版(1970)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080124/1201172832

1586岡部祐介著『スポーツ根性論の誕生と変容——卓越への意志・勝利の追求——』

書誌情報:旬報社,176頁,本体価格1,800円,2021年11月25日発行

スポーツ根性論は1964年の東京オリンピックを契機としており,その象徴として「東洋の魔女」の大松イズムと「円谷幸吉物語」を分析している。梶原一騎巨人の星」,浦賀千賀子「アタックNo.1」,美空ひばり「柔」,水前寺清子「ゆさぶりどっこの唄」,「いっぽんどっこの唄」,「どうどうどっこの唄」,村田英雄「柔道水滸伝」,山田太郎「新聞少年」などにその影響を見ている。スポーツ界の根性論が一般社会や教育,大衆娯楽に受容されその流行が促進されたという。
松本大洋『ピンポン』(ビックコミックス版:(1)[asin:B009JZH7K8](2)[asin:B009JZH7NA](3)[asin:B009JZH7PS](4)[asin:B009JZH7N0](5)[asin:B009JZH7NK]小学館文庫版(1)[isbn:9784091962416](2)[isbn:9784091962423](3)[isbn:9784091962430])が要所で関説されている。
遊びの延長で卓球の面白さや楽しさを原体験とし,技術の向上・達成感や勝敗による悲喜といったものから,「勝利/敗北の二元的なコード(規範)」・「勝利至上主義を核心とした近代スポーツの論理・構造」(18-19ページ)に組み込まれてしまうという。『ピンポン』のクライマックスから「スポーツにおける単純で原初的な幸福・歓びの追求」・「実践主体にとって実存的なレベルで生き生きした実践」(170ページ)を切り取っていた。

785新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十六論

ある全国紙の別刷の12面に大正製薬の「リポビタン ロコモウォーク」の全面広告が出ていた。10本の写真と「加齢に伴うひざ・腰の不調を改善します!」の文字が踊っている。通販限定の新発売だそうでお試し10本セットがなんとなんと50%OFFの1,650円(送料無料,税込)だ。

指定医薬部外品」の「用法・用量」の箇所には「成人15才以上)1日1本(50mL)を服用してください。※15才未満は服用しないでください。」とある。二十三論で触れたように,「リポビタン」の「歳」と「才」の混在使用はすばらしい。

年齢表記の不調も改善してほしいところだ。

-関連エントリー
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十五論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/01/09/160323
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十四論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2022/01/05/144319
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十三論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/12/27/145940
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十二論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/12/02/142032
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十一論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/10/29/144859
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」二十論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/09/17/164709
--公共放送での年齢の「才」表記にもの申す→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/09/10/142428
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十九論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/09/02/143136
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十八論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/08/27/150913
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十七論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/07/20/142049
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十六論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/07/16/150501
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十五論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/07/08/151042
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十四論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/07/01/142143
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十三論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/19/151426
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十二論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/06/05/144734
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十一論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/05/10/143019
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」十論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/05/07/131059
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」九論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/04/17/233000
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」八論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/04/03/154059
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」七論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/04/01/140844
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」六論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/03/19/141708
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」五論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/03/13/154508
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」四論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/02/19/140314
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」三論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/02/19/140314
--新聞広告の漢字事件または「「歳」と「才」」再論→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/02/05/150649
--「歳」と「才」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180918/1537277224
--常用漢字の音訓と府県名→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170517/1495028496
--円満字二郎著『常用漢字の事件簿』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101011/1286805729
--秋道智彌「日本くじら物語」,円満字二郎「戦後日本漢字事件簿」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20091004/1254663195
--今野真二著『振仮名の歴史』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090814/1250262460

-1年前のエントリー
--橘永久/ジェフリー・トランブリー著『日本人の9割がじつは知らない英単語100』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/22/134944
-2年前のエントリー
--新版『資本論』第3分冊→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/22/211743
-3年前のエントリー
--難読名字(その30):釈迦郡→https://akamac.hatenablog.com/entry/20190122/1548163220
-4年前のエントリー
--樊振東と王曼ユが優勝(卓球ワールドツアー・ハンガリーオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180122/1516627400
-5年前のエントリー
--水谷と平野が優勝(卓球全日本選手権)&世界選手権デュッセルドルフ大会代表→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170122/1485092550
-6年前のエントリー
--橋本帆乃香,世界15位に勝つ(卓球ワールドツアー・ハンガリーオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160122/1453469246
-7年前のエントリー
--王皓トップ10プレイ→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150122/1421935158
--えひめ農業・農協問題研究会第61回定例研究会→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150122/1421933703
-8年前のエントリー
--森岡孝二さん,関西大学退職→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140122/1390398898
-9年前のエントリー
--日野秀逸・大村泉・高橋禮二郎・松井恵編著『研究不正と国立大学法人化の影――東北大学再生への提言と前総長の罪――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130122/1358866631
-10年前のエントリー
--東北の大学頑張れ!(その3)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120122/1327242276
--「高」が「大」に勝つ→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120122/1327242277
-11年前のエントリー
--野田光彦編著『コーヒーの医学』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110122/1295705232
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--Samezo Kuruma (translated by E. Michael Schauerte), MARX'S THEORY OF THE GENESIS OF MONEY: How, Why And Through What Is A Commodity Money?→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090122/1232633914
-14年前のエントリー
--経済学史学会編『経済学史研究』第49巻第2号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080122/1200996476

1585『科学道100冊 2021 ブックレット』

書誌情報:科学道100冊委員会,14頁,無料,2021年11月26日発行
f:id:akamac:20220122151650j:plain

2017年に展開を開始した科学道100冊プロジェクトのブックレットで,愛媛大学図書館で手に入れた。図書館に入ってすぐ,目立つところに置いてあった。
科学道100冊委員会は理化学研究所と編集工学研究所で構成されている。科学道100冊フェアの開催を企画した団体には書棚ツール(①大見出し1点,②小見出し5点,③抜き型POP2枚,④ポスター1枚)とこのブックレット100冊が提供される。
ブックレットには3つのテーマ(①未来エンジニアリング,②脳とココロ,③つながる地球)や科学道クラシックスの紹介がある。100冊の本の構成は公式サイトで確認できる(→https://kagakudo100.jp)。
過去のフェアは書店,図書館,学校などで,2017年は全国428カ所,2018年は全国757カ所,2019年は全国447カ所,2020年は全国500カ所,で開催された。

784日本百名月「松山城にのぼる月」

日本百名月推進委員会(活動主体:一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローと KNT-CT ホールディングス株式会社)が取り組んでいる「日本百名月」プロジェクトに「松山城にのぼる月」が認定された(認定登録第93号【種別B類】→http://japan100moons.com/regist/806)。

A類は,「特定の場所から眺められる名月や特定の場所の上に昇る名月であり,その名月に対して鑑賞イベントが実施されているもの」で,「松山城にのぼる月」はB類の「特定の場所から眺められる名月や特定の場所の上に昇る名月」で認定された。

これまで,四国からは,「伊予大洲の月」(第20号,A類),「屋島から望む月」(第35号,A類),「桂浜から望む月」(第36号,A類),「鳴門公園から望む月」(第65号,A類),「眉山から望む月」(第86号,B類),「琴ヶ浜にのぼる月」(第87号,A類)が選定されている。

-関連エントリー
--松山城天守の鬼瓦→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/10/20/141259
--松山城古町口登城道→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/09/29/143243
--松山鳥https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/04/20/145649
--くるりんも城も今日は黄砂に烟るなり→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/03/30/140705
--松山城天守下の葉桜→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/03/29/134439
--松山城遠景→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/03/28/233000
--松山城の紅梅と冬至梅→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/02/09/163055
--メジロの水浴び→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/21/140843
--城鳥2景→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/19/140914
--松山城419歳→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/15/142647
--松山城登頂ウォーキング100回記念証→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/12/13/171059
--松山城登頂ウォーキング100回→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/28/174018
--ヒヨドリの水浴び→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/08/27/153122
--雀の水浴び→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/07/16/164446
--松山城の野鳥専用水飲み場https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/07/03/171009
--井沢元彦著『ニッポン名城紀行』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/27/155108
--松山城418歳→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/15/212012
--『日本の城とは何か』([週刊朝日ムック]歴史道Vol.3)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/05/23/221822
--伊香保・万座・草津https://akamac.hatenablog.com/entry/20181102/1541157732
--岡山城,後楽園,岡山市立オリエント美術館→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180312/1520862249
--高知城歴史博物館→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170523/1495547413
--高知城高知県立文学館→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160229/1456753130
--松山城起工414年→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160115/1452866450
--「ブラタモリ」が松山に→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160123/1453558284
--男の隠れ家ベストシリーズ『日本の名城を往く』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150511/1431352558
--熊本城の桜,柳川の桃,由布院の桜→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150404/1428159369
--備中松山城https://akamac.hatenablog.com/entry/20141102/1414936401
--來本雅之編著小沢健志・三浦正幸監修『レンズが撮らえた幕末日本の城《永久保存版》→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130805/1375711158
--和歌山県立博物館および館蔵品選集→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080922/1222075138

-1年前のエントリー
--鵞鳥の羽かナイロンの羽か(バドミントン・シャトル)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/20/162434
-2年前のエントリー
--難読名字(その78):靨→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/20/221849
-3年前のエントリー
--水谷10回目の優勝,伊藤2年連続3冠(全日本卓球)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20190120/1547986388
-4年前のエントリー
--ダブルス優勝は早田ひな伊藤美誠ペア,水谷隼大島祐哉ペア(全日本卓球)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180120/1516455376
-5年前のエントリー
--シングルス・ベスト8,ダブルス・ベスト4決まる(卓球全日本選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170120/1484919403
-6年前のエントリー
--「諸外国の教育統計」平成27(2015)年版→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160120/1453296527
-7年前のエントリー
--経済理論学会編『季刊 経済理論』第51巻第4号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150120/1421764261
-8年前のエントリー
--経済理論学会編『季刊 経済理論』第50巻第4号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140120/1390225488
-9年前のエントリー
--今年も「高」が勝つ→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130120/1358690246
-10年前のエントリー
--新潮文庫 Yonda? CLUB の新グッズ→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120120/1327070072
-11年前のエントリー
--中塚明/安川寿之輔/醍醐聰著『NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う――日清戦争の虚構と真実――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110120/1295534260
-12年前のエントリー
--経済理論学会編『季刊 経済理論』第46巻第4号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20100120/1263994905
-13年前のエントリー
--経済理論学会編『季刊 経済理論』第45巻第4号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090120/1232444882
-14年前のエントリー
--おさぼり

1584原田マハ著『モネのあしあと』

書誌情報:幻冬舎文庫(は-25-4),150頁,本体価格500円,2021年4月10日発行

  • -

「わたしにとって絵を見ることは,アーティストと会話することです」(117ページ)。有名だから見てきた不純な動機ぷんぷんの評者とは違う。モネをはじめとする印象派の解説くさくないモネらとの会話がいい。睡蓮画でモネが描こうとした,水底,水面そのもの,水面に映る空という3つの世界を実感できる。
印象派と浮世絵による絵画史の革新およびモネの生涯を重ねたマハによるモネのあしあとを追う旅をご一緒にどうぞ。