1075張本と伊藤,日本選手トップ変わらず(卓球世界ランキング)

4月以降更新されていなかったランキングが11月に復活し,リスタートした国際大会の結果を反映している(2020年12月2日発表→https://ranking.ittf.com/#/home)。

男子の張本の上には,中国選手[樊振東(FAN Zhendong),許昕(XU Xin),馬龍(MA Long),林高遠(LIN Gaoyuan)]がいる。

女子は伊藤以外,陳恵(CHEN Meng),孫穎莎(SUN Yingsha),王曼ユ(「日」に「立」,WANG Manyu),丁寧(DING Ning),朱雨玲(ZHU Yuling),劉詩雯(LIU Shiwen)とこちらも中国選手が上位を占める。中国では孫が伊藤を抜いて2位に躍進したことが大きなニュースになっている。

-男子(40位まで)
--張本智和(5位←4位)
--丹羽孝希(17位←13位)
--水谷隼(18位←17位)
--宇田幸矢(35位←35位)

-女子(40位まで)
--伊藤美誠(3位←2位)
--石川佳純(9位←9位)
--平野美宇(11位←11位)
--佐藤瞳(17位←17位)
--加藤美優(23位←22位)
--早田ひな(29位←29位)
--橋本穂乃香(36位←36位)
--芝田沙季(37位←37位)

-関連エントリー
--宇田,日本選手4位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/03/05/160635
--早田,日本選手5位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/02/04/212012
--伊藤,自己最高位の3位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/03/233000
--伊藤,自己最高位の4位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/12/04/213928
--張本と石川の日本選手トップは変わらず(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/08/02/222330
--日本選手に大きな変動なし(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/06/05/222226
--男女とも中国がトップ10に各5選手(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/05/03/222235
--石川,順位を下げる(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/04/03/222207
--張本と石川,ともに4位変わらず(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/03/04/222719
--張本と石川,ともに4位(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/01/31/222032
--張本,自己最高位の3位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20190103/1546502219
--張本,自己最高位の5位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181203/1543843314
--張本と石川,最高位タイに(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181101/1541073819
--張本,4か月連続で日本選手最上位(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181003/1538572916
--張本,日本選手最上位を維持(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180901/1535807566
--張本,ランキング6位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180806/1533561979
--張本,日本選手トップに(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180703/1530624198
--丹羽と石川,ともに日本選手トップ(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180608/1528464522
--張本がトップ10に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180508/1525785740
--樊振東がトップに(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180403/1522766703
--ボルと朱雨玲がトップ(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180228/1519824010
--オフチャロフ,陳夢の1位は変わらず(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180205/1517837400
--新しいランキングシステム(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180102/1514899179
--水谷,ふたたび日本選手最上位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171209/1512826024
--丹羽,日本選手最上位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171103/1509715228
--張本,世界13位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170906/1504703936
--塩見真希,世界34位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170803/1501767439
--平野美宇,世界5位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170706/1499347783
--平野美宇,世界7位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170607/1496842252
--平野美宇,世界8位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170605/1496670125
--佐藤瞳,世界9位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170406/1491485281
--女子トップ10に3か月連続で3選手(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170302/1488461275
--女子トップ10に3選手(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170104/1483537837
--ミウ,世界9位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161104/1478266008
--丁寧,世界1位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161005/1475663230
--水谷,世界5位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160906/1473173023
--みう,世界11位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160506/1462540452
--大島祐哉,世界18位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160105/1452000990
--福原愛,世界ランキング4位に→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151009/1444399897
--伊藤美誠,世界ランキング9位に→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150609/1433814412
--伊藤美誠,世界ランキング11位に→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150504/1430747720
--伊藤美誠,世界ランキング15位へ→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150406/1428327271
--水谷,トップ5に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141106/1415281357

-1年前のエントリー
--伊藤,自己最高位の4位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/12/04/213928
-2年前のエントリー
--平成30(2018)年度「国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181204/1543910689
-3年前のエントリー
--薛飛,四冠を達成(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171204/1512394510
-4年前のエントリー
--男女団体とも優勝(卓球世界ジュニア選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161204/1480858730
-5年前のエントリー
--東学農民革命と松山→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151204/1449238860
-6年前のエントリー
--マガジンハウスムック『ウイスキー一筋に生きてきた男,竹鶴政孝。』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141204/1417702620
-7年前のエントリー
--男女とも決勝で中国と対戦(卓球世界ジュニア選手権2013)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131204/1386165204
-8年前のエントリー
--ドイツで人気のある名前→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121204/1354629936
-9年前のエントリー
--阿部真也・宮崎哲也著『ポケット図解 マルクスの経済学がよくわかる本』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20111204/1323006563
-10年前のエントリー
--駒村吉重著『煙る鯨影』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101204/1291472168
-11年前のエントリー
--おさぼり
-12年前のエントリー
--コルナイ教授講演会とマルクス・シンポ(追補)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081204/1228359332
-13年前のエントリー
--渡辺眸著『東大全共闘1968-1969』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071204/1196762319
--トヨタ従業員の夫の過労死認定→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071204/1196762320

1191大学の世界展開力強化事業(アフリカ諸国との大学間交流形成支援)

32件の申請から8件が採択された(日本学術振興会https://www.jsps.go.jp/j-tenkairyoku/kekka.html)。

-交流推進プログラム(スタートアップ型)
--宇都宮大学「アフリカの潜在力と日本の科学技術融合によるSDGs貢献人材育成プログラム」[相手大学等:ジョモ・ケニヤッタ農工大学(ケニア),アジスアベバ大学(エチオピア),メル科学技術大学(ケニア),ダルエスサラーム大学(タンザニア),ネルソンマンデラアフリカ科学技術機構(タンザニア),ガーナ大学(ガーナ)]
--山口大学「アジア・アフリカにおけるOne Health問題の解決に向けた感染症対策を担う獣医師育成プログラム」[相手大学等:ナイロビ大学(ケニア)]

-交流推進プログラム(加速・進展型)
--北海道大学「アフリカと日本の架け橋となる次世代の人材を育成する国際獣医学・保全医学教育プログラム:ザンビア‐北大の頭脳循環成果を基盤として」[相手大学等:ザンビア大学(ザンビア)]
--秋田大学(代表申請大学)・九州大学「南部アフリカの持続的資源開発を先導するスマートマイニング中核人材の育成」[相手大学等:ヴィッツウォーターズランド大学(南アフリカ),ザンビ ア大学(ザンビア),テテ工科大学(モザンビーク),ボ ツワナ国際科学技術大学(ボツワナ),ボツワナ大学(ボ ツワナ)]
--広島大学「南北アフリカとの互恵的パートナーシップ構築のためのトライアングル海外学習プログラム」[相手大学等:カイロ大学(エジプト),アスワン大学(エジプト),アインシャムス大学((エジプト),ベニスエフ大学(エジプト),ザンビア大学(ザンビア),マラウイ大学(マラウイ)]
--長崎大学「プラネタリーヘルスの実現に向けた日ア戦略的共同教育プログラム」[相手大学等:ケニア中央医学研究所(ケニア),マセノ大学(ケニア),ケニヤッタ大学(ケニア),ジョモケニヤッタ農工大学(ケニア)]
--東京農業大学「アフリカの栄養改善活動をフィールドとする協働実践型教育プログラム」[相手大学等:ソコイネ農業大学(タンザニア),ジョモケニヤッタ農工大学(ケニア)]

-交流推進(プラットフォーム構築プログラム)
--京都大学(代表申請大学)・東京外国語大学「アフリカにおけるSDGsに向けた高度イノベーション人材育成のための国際連携教育プログラム」[相手大学等:アディスアベバ大学(エチオピア),カイロ大学(エジプト),マケレレ大学(ウガンダ),ソコイネ農業大学(タンザニア),キンシャサ大学(コンゴ民主共和国),ガーナ大学(ガーナ),アンタナナリヴ大学(マダガスカル),ザンビア大学(ザンビア),ボツワナ大学(ボツワナ),ヤウンデ第I大学(カメルーン),ジョモケニアッタ農工大学(ケニア),プレトリア大学(南アフリカ),ステレンボッシュ大学(南アフリカ),プロテスタント人文・社会科学大学(ルワンダ)]

-1年前のエントリー
--張本,準優勝(卓球男子ワールドカップ)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/12/03/221723
-2年前のエントリー
--張本,自己最高位の5位に(卓球世界ランキング)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181203/1543843314
-3年前のエントリー
--加藤美優,決勝進出ならず(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171203/1512305092
-4年前のエントリー
--男女とも決勝進出(卓球世界ジュニア選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161203/1480773098
-5年前のエントリー
--男女団体ともに中国優勝(第13回世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151203/1449150810
-6年前のエントリー
--団体男女とも準優勝(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141203/1417615207
-7年前のエントリー
--卓球世界ジュニア選手権2013→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131203/1386078016
-8年前のエントリー
--小関和弘著『鉄道の文学誌(近代日本の社会と交通第14巻)』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121203/1354545503
-9年前のエントリー
--上海天長節爆弾事件尹奉吉https://akamac.hatenablog.com/entry/20111203/1322921843
-10年前のエントリー
--小林昇著作目録ブログ版(1954)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101203/1291383713
-11年前のエントリー
--デヴィッド・ロスコフ著(河野純治訳)『超・階級――グローバル・パワーエリートの実態――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20091203/1259851530
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--平田清明著作目録ブログ版(1953)→/https://akamac.hatenablog.com/entry/20071203/1196673924

1502島村恭則著『みんなの民俗学——ヴァナキュラーってなんだ?——』

書誌情報:平凡社新書(960),271頁,本体価格880円,2020年11月13日発行

民俗学の研究対象をあらわす新たな術語であるヴァナキュラーを使い,現代民俗学の一端を紹介している。

自分の家,キャンパス,働く人(消防士,トラックドライバー,鉄道,水道,裁判官,OL)の身近なヴァナキュラーから,喫茶店モーニング,B級グルメ,水上生活,宗教にいたるヴァナキュラーまで多種多様である。

市民的公共圏とは異なる「対啓蒙主義的な公共圏」・「ヴァナキュラーな公共圏」(163ページ)であるからには,「啓蒙主義的合理性や覇権・普遍・主流・中心とされる社会的位相」の相対化によってなりたつ人間生活すべてが対象となる。

アニメなど虚構の祭りなどが現実世界で再現されることを「フォークロレスク/オステンション」で説明し,また,インターネットを介して既存の宗教体系とは異なる世界が展開されていることを紹介している。民俗学はことほどさようにいまを扱うヴァナキュラーなのだ。

-関連エントリー
--松本修著『全国マン・チン分布考』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181202/1543754494
--関根康正・新谷尚紀編『排除する社会・受容する社会――現代ケガレ論――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090425/1240653408

-1年前のエントリー
--長崎,宇田・木原ペア,木原・長崎ペアが優勝(卓球世界ジュニア選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/12/02/222621
-2年前のエントリー
--松本修著『全国マン・チン分布考』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181202/1543754494
-3年前のエントリー
--個人戦もいよいよ佳境に(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171202/1512221021
-4年前のエントリー
--男女ともベスト4進出(卓球世界ジュニア選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161202/1480686272
-5年前のエントリー
--大学等の産学連携等実施状況(平成26年度)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151202/1449062935
-6年前のエントリー
--団体男女とも決勝進出(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141202/1417527733
-7年前のエントリー
--石部是清著『大学パラダイス』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131202/1385992183
-8年前のエントリー
--日露戦争のロシア人捕虜収容所写真集→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121202/1354458375
-8年前のエントリー
--尾木直樹諸星裕著『危機の大学論――日本の大学に未来はあるか?――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20111202/1322838388
-10年前のエントリー
--アルフレート・ネメチェク著(高階絵里加訳)『ファン・ゴッホ アルルの悲劇』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101202/1291298805
-11年前のエントリー
--おさぼり
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--おさぼり

1190ベーシック・インカム論再燃

コロナ禍による雇用喪失と貧困拡大を目の前にしてローマ教皇やグテーレス国連事務総長らはすべての国民に最低限の生活を営めるだけの現金を定期的に支給するベーシック・インカムベーシックインカムとも)の導入を主張している。

それだけでなく管政権の経済ブレーンである竹永平蔵もベーシック・インカムを言い出している。管首相は,ひとりでも多くの人の命と暮らしを助けようという防災の文脈で使われてきた「自助,共助,公助」を,自分のことを自分で守れなければ切り捨てられても仕方がないという文脈で使う切り捨て論理に転換させた。竹永ベーシック・インカム論は「自助」を基礎に生活保護制度や年金制度の撤廃を意図したもので弱者救済の観点からではない。(参照:原真人「社会的成功者たちが定昇する「ベーシックインカム」——それは弱者救済の切り札なのか,それとも弱者切り捨ての自己責任論なのか——」『論座』2020年11月30日→https://webronza.asahi.com/business/articles/2020112800006.html?iref=pc_ss_date

ベーシック・インカム論は10年ほど前にも議論された。ベーシック・インカム論は新自由主義かそれとも社会保障を充実させる新福祉国家かの試金石になる。

-関連エントリー
--ベーシック・インカム論花盛り→https://akamac.hatenablog.com/entry/20100511/1273589224
--ゲッツ・W・ヴェルナー著(渡辺一男訳)『ベーシック・インカム――基本所得のある社会へ――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080430/1209565275

-1年前のエントリー
--張本,馬龍に勝つ(卓球男子ワールドカップ)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/12/01/155115
-2年前のエントリー
--劉国梁が中国卓球協会4代目の会長に→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181201/1543670214
-3年前のエントリー
--日ペン周圏論(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171201/1512136223
-4年前のエントリー
--卓球世界ジュニア選手権始まる→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161201/1480601530
-5年前のエントリー
--柳瀬正夢論→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151201/1448977194
-6年前のエントリー
--草木の居場所→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141201/1417443046
-7年前のエントリー
--松平志穂,U21で3位に(卓球ワールドツアー・スウェーデンオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131201/1385905961
-8年前のエントリー
--インコの淫行(その2)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121201/1354370150
-9年前のエントリー
--愛媛大学FD/SDセミナー「中退者を減らすにはどうしたらよいか?」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20111201/1322749798
-10年前のエントリー
--大学犬はなちゃんの日常(その206)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101201/1291210232
-11年前のエントリー
--おさぼり
-12年前のエントリー
--深見嘉明著『ウェブは菩薩である――メタデータが世界を変える――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081201/1228123591
--特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム編『eラーニング白書2008/2009年版』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081201/1228123592
-13年前のエントリー
--経済産業省商務情報政策局情報処理振興課編『eラーニング白書 2007/2008年版』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071201/1196492252
--平田清明著作目録ブログ版(1952)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071201/1196492253

1074馬龍と孫穎莎が初代チャンピン(WTTマカオ)

ITTFが2021年から新しいツアー「WTT(World Table Tennis)」が始まる。そのお披露目の大会「WTTマカオ」(11月25日〜29日)が終わった。

男子シングルスでは馬龍(MA Long)が王楚欽(WANG Chuqin)に 5-1 (11-5, 11-9, 11-4, 11-5, 10-11, 11-8)で,女子シングルスでは孫穎莎(SUN Yingsha)が陳幸同(CHEN Xingtong)に 5-1 (11-10, 11-8, 11-6, 9-11,11-6, 11-4) で勝ち,WTT最初のチャンピオンになった。

馬は5点制の試合で許昕(XU Xin)に敗れたが,安定したフォア・バックのディフェンスと決定機でのフォアハンド強打が光った。孫は準決勝で王曼ユ(「日」に「立」,WANG Manyu)にゲームオールの 8-10 からのネットイン2本で追いつき大逆転した。陳幸同も準決勝で陳恵(CHEN Meng)に 0-3 からひっくり返した。第4ゲームのマッチポイントをしのいでからは中陣からのフォア・バック強打で盛り返した。

スウェーデンのファルク(FALCK Mattias)は準々決勝で許昕に勝つ活躍をみせた。

テレ東では3日目の準々決勝からライブ配信していた。

-ITTF→https://www.ittf.com/tournament/5265/wtt-macao/
-テレ東卓球→https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/2020/tournament/wtt-macao/

-1年前のエントリー
--張本,準決勝進出(卓球男子ワールドカップ)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/11/30/223855
-2年前のエントリー
--ゴッホの写真→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181130/1543584058
-3年前のエントリー
--男女とも準優勝(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171130/1512048176
-4年前のエントリー
--田辺武夫著『卓球アンソロジー』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161130/1480514741
-5年前のエントリー
--岡本隆司著『袁世凱――現代中国の出発――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151130/1448893306
-6年前のエントリー
--森岡孝二今野晴貴佐々木亮著『いのちが危ない残業代ゼロ制度』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141130/1417358556
-7年前のエントリー
--大学犬はなちゃんの日常(その255)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131130/1385821325
-8年前のエントリー
--「あめにーぎょうーせん,か(わ)たあめにーぎょうーせん」の謎解ける→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121130/1354286407
-9年前のエントリー
--「京大天皇事件60周年」の集い→https://akamac.hatenablog.com/entry/20111130/1322661709
-10年前のエントリー
--丸善ライブラリーニュース第12号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101130/1291124882
-11年前のエントリー
--三中信宏著『分類思考の世界――なぜヒトは万物を「種」に分けるのか――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20091130/1259592054
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--坂村健著『ユビキタスとは何か――情報・技術・人間――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071130/1196411119
--大学犬はなちゃんの日常(その39)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20071130/1196411120

653日本学術会議記者会見資料(11月26日)

日本学術会議の活動と運営に関する記者会見(11月26日)における梶田隆章会長の挨拶(下記に引用)と第25期幹事会記者会見資料(http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo304-kaikenshiryo.pdf)と「日本学術会議の活動に関するQ&A」(http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo304-QandA.pdf)が公表されている。

本日は新型コロナウイルスの感染が再拡大する大変な時に日本学術会議の記者会見にお集まりいただきどうもありがとうございます。

まず最初に、日本学術会議の推薦した6名の方々が任命されないという事態になってからほぼ2ヶ月が経過いたしました。すでに何度も申し上げてきた通り,私どもは10月2日の総会で,任命されない理由を説明いただくとともに,6名の方々を速やかに任命していただくようにお願いしたところです。引き続きこの2点についてお願いするとともに,後ほども申しあげる通り,6名の方々にご心労をおかけ続けていることについて,たいへん遺憾で申し訳なく感じているところです。

さて,前回の記者会見で学術会議をよりよくする方向性に関する検討項目5点をご報告いたしました。学術会議の機能強化をはかっていくためには,学術会議のこれまでの活動についてみずから見直しを進めて,不十分であった点,さらなる改善が求められる点についての検討が必要であると考えております。本日は,この点について,どのように検討を進めようとしているのかについて,現時点での考えをご報告します。

その中でも特に,学術会議が発出している提言の作成やフォローアップの手順等をご説明申し上げるのに加えて,それが政策や社会に及ぼしたインパクトについて,現時点でのまとめについて詳しくご報告します。

また,先ほど申した通り,新型コロナウイルスの感染が再拡大する現状が生じております。新型コロナウィルス感染症に関して,2月末には対応する分科会を設置して,学術の立場で審議を開始しました。コロナ感染症については様々な機関や専門家が緊急提言を行われておりますが,日本学術会議ではレジリアントな社会の構築のための中・長期的な視点での提言が必要と考え,第24期のうちにwith/postコロナにおける医療体制や社会のあり方についての2件の提言を発表しました。さらに,両提言を踏まえて現在の情勢を検討するとともに,新型コロナウイルス感染症についての最新の学術成果を発信する学術フォーラムを日本医学会連合と共催で11月28日(土)に開催することといたしました。開催直前ですが,ご報告いたします。詳しくは配布資料をご覧ください。

また,前回の記者会見では口頭での報告のみとなりましたが,国際学術会議会長からの書簡について公表してよいとのご了解を得ましたので,本日ご報告します。

最後に,この間,会長,副会長,第一部部長などで,学術会議で推薦したものの未だ任命されていない6名の方々との面談も行いました。6名の先生方は,ご本人の意に反して様々な形で報道やSNSなどで取り上げられることになり,精神的な面を含め大変なご苦労をされていることを改めて認識いたしました。さらに先生方にとどまらず,ゼミの学生たちにまで心ない言葉が浴びせられるなど,たいへん憂慮すべき事態の起こっていることを教えていただきました。この場をお借りして,強く遺憾に思っていることをお伝えいたします。あわせて,過去の経緯も含めて実名報道がなされておりますが,その中にはご本人の承諾を得ていないものがありました。実名を出して報道を行う際には,報道に先立ってご本人から了解を取って行っていただくことを,学術会議として強くお願いをさせていただきます。

 

-関連エントリー
--新定義集(頼むから日本語をこれ以上痛めつけないでいただきたい)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/17/133827
--日本学術会議記者会見資料→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/13/140028
--人文・社会科学系学協会共同声明→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/09/142417
--新定義集(お答えを差し控える)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/07/153217
--新定義集(事前調整・意見交換)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/06/140040
--新定義集(たまたま結果にずれ)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/05/141848
--新定義集(人事)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/03/154348
--新定義集(閉鎖的・既得権益)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/02/150321
--法令用語の任命権→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/11/01/160813
--新定義集(多様性)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/31/150716
--新定義集(プロジェクトチーム)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/27/160000
--「日本学術会議は廃止せよ」意見広告→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/24/141932
--新定義集(前例踏襲でよいか)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/22/133750
--自然科学系学協会の緊急声明→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/15/144416
--新定義集(総合的・俯瞰的)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/13/160810
--「政府による日本学術会議への介入強化に対する抗議声明」(経済理論学会幹事会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/10/12/145054

-1年前のエントリー
--難読名字(その73):歳長→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/11/29/222243
-2年前のエントリー
--難読名字(その23):世俵→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181129/1543497438
-3年前のエントリー
--男女とも決勝で中国と対戦(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171129/1511961586
-4年前のエントリー
--トップ10ショット(卓球ワールドツアー・オーストリアオープン)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161129/1480426354
-5年前のエントリー
--吉原泰助著『『九条』いまだからこそ――戦争か平和かの岐路で考える――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151129/1448803757
-6年前のエントリー
--東京富士美術館所蔵写真展「ロバート・キャパと過ごす時間/光の風景へ」および図録→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141129/1417270324
-7年前のエントリー
--中岡哲郎著『近代技術の日本的展開――蘭癖大名から豊田喜一郎まで――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131129/1385734752
-8年前のエントリー
--フェアトレードタウン→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121129/1354191393
-9年前のエントリー
--福島へ「さとがえりバス」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20111129/1322574140
-10年前のエントリー
--鈴木健一著『風流 江戸の蕎麦――食う,描く,詠む――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101129/1291041110
-11年前のエントリー
--「なじみ集」実見→https://akamac.hatenablog.com/entry/20091129/1259505591
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--おさぼり

652松山城登頂ウォーキング100回

コロナ感染防止のため3月3日から体育館が使えなくなったためやむなく始めた昼休みの松山城登頂ウォーキングが100回に達した。

以前触れたように,天守前チケット売り場横にスタンプ台があり,専用台紙(一枚50回分)に押す。11月からは体育館が使えるようになったが再び使用禁止になり,松山城登頂ウォーキングを再開し,金曜日に100回に達した。100回登頂するたびに松山市から記念証がもらえるというので早速申し込んだ。

10月31日時点での登頂達成者は,100回226名,200回67名,300回53名,400回24名,500回19名,600回12名,700回8名,800回2名,900回3名,1,000回10名,1,100回7名,1,200回5名,1,400回1名,1,500回1名,1,600回2名,1,700回2名,2,100回1名,2,300回1名,3,000回以上2名だそうだ(→https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/iryo/zukuri/touchouwalking.html)。

昼休みでも多くの方がウォーキングされている。ひところはウォーキングする人ばかりが目立った松山城も最近は観光客が増えてきた。ロープウェーもリフトも賑やかになってきた。それにしても3,000回となるとあと10年近くかかる。上には上がいるものだ。

-関連エントリー
--ヒヨドリの水浴び→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/08/27/153122
--雀の水浴び→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/07/16/164446
--松山城の野鳥専用水飲み場https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/07/03/171009
--井沢元彦著『ニッポン名城紀行』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/06/27/155108
--松山城418歳→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/15/212012
--『日本の城とは何か』([週刊朝日ムック]歴史道Vol.3)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/05/23/221822
--伊香保・万座・草津https://akamac.hatenablog.com/entry/20181102/1541157732
--岡山城,後楽園,岡山市立オリエント美術館→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180312/1520862249
--高知城歴史博物館→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170523/1495547413
--高知城高知県立文学館→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160229/1456753130
--松山城起工414年→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160115/1452866450
--「ブラタモリ」が松山に→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160123/1453558284
--男の隠れ家ベストシリーズ『日本の名城を往く』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150511/1431352558
--熊本城の桜,柳川の桃,由布院の桜→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150404/1428159369
--備中松山城https://akamac.hatenablog.com/entry/20141102/1414936401
--來本雅之編著小沢健志・三浦正幸監修『レンズが撮らえた幕末日本の城《永久保存版》→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130805/1375711158
--和歌山県立博物館および館蔵品選集→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080922/1222075138

-1年前のエントリー
--全国の公立高校の43.1%で定員割れ→https://akamac.hatenablog.com/entry/2019/11/28/222643
-2年前のエントリー
--中教審第211号「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20181128/1543410832
-3年前のエントリー
--女子団体,準決勝へ(世界ジュニア卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20171128/1511875242
-4年前のエントリー
--平成28年度「日本型教育の海外展開促進事業(EDU-Portニッポン)」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20161128/1480340128
-5年前のエントリー
--卓球スターポイント2015の候補→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151128/1448680130
--ネット回復→https://akamac.hatenablog.com/entry/20151128/1448677285
-6年前のエントリー
--日経BPコンサルティング「大学ブランド・イメージ調査 2014−2015」【中国・四国編】→https://akamac.hatenablog.com/entry/20141128/1417184490
-7年前のエントリー
--世界一の油絵村→https://akamac.hatenablog.com/entry/20131128/1385648597
-8年前のエントリー
--杉本博司著『アートの起源』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20121128/1354104961
-9年前のエントリー
--『学習版 資本論』新装・再刊→https://akamac.hatenablog.com/entry/20111128/1322489350
-10年前のエントリー
--小林昇著作目録ブログ版(1953)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101128/1290949999
-11年前のエントリー
--スティーブン・グリーンハウス著(曽田和子訳・湯浅誠解説)『大搾取!』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20091128/1259420161
-12年前のエントリー
--『別冊環⑮ 図書館・アーカイブズとは何か』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081128/1227866928
--大学犬はなちゃんの日常(その90)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20081128/1227866929
-13年前のエントリー
--おさぼり