1287セーラー服を制服にした最初の女学校

刑部芳則「セーラー服 憧れと誇りと——10年かけ女学校935校を調査,起源と普及の歴史探る」(日経新聞,2022年1月18日付)を読む。

イギリス海軍発祥のセーラー服が制服ではなく体操服として導入され,その後服装改善運動の中で和服から洋服への転換が契機となって制服になったことを述べていた。最も早く導入したのは,これまで言われてきた福岡市の学校でもなく,京都市の学校でもなく,名古屋市金城学院だったという(1921年9月)。

山本和幸の「セーラー服の制定時期は1921年(大正10年)頃」(「日本の歴史と日本人のルーツ」→https://ameblo.jp/shimonose9m/entry-12362377029.html)は刑部説を含むいくつかの起源を紹介している。

著者はすでに昨年『セーラー服の誕生——女子校制服の近代史——』(法政大学出版局,2021年12月,[isbn:9784588326073])を上梓している(評者未読)。

-関連エントリー
--須藤遙子著『自衛隊協力映画――「今日もわれ大空にあり」から「名探偵コナン」まで――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140717/1405608014
--山下英一郎著『制服の帝国――ナチスSSの組織と軍装――』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20101212/1292164231

-1年前のエントリー
--佐々木実著『資本主義と闘った男——宇沢弘文と経済学の世界——』→https://akamac.hatenablog.com/entry/2021/01/18/141526
-2年前のエントリー
--伊藤・早田ペア,女子ダブルス3連覇(全日本卓球選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/2020/01/18/233000
-3年前のエントリー
--シングルスのベスト8,ダブルスのベスト4(全日本卓球)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20190118/1547818079
-4年前のエントリー
--混合ダブルスで森薗政崇・伊藤美誠ペア,ジュニアで張本智和と長崎美柚が優勝(全日本卓球)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20180118/1516284343
-5年前のエントリー
--香川大学COC)/COC+シンポジウム「大学と地域の連携を考える」→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170118/1484747942
--張本,ベスト8で敗退(卓球全日本選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20170118/1484747083
-6年前のエントリー
--経済理論学会編『季刊 経済理論』第52巻第4号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20160118/1453123960
-7年前のエントリー
--水谷,石川ともに連覇(卓球全日本選手権)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20150118/1421590067
-8年前のエントリー
--石川佳純(女子シングルス),森薗・三部ペア(男子ダブルス)優勝(全日本卓球選手権大会)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20140118/1390049437
-9年前のエントリー
--大学犬はなちゃんの日常(その247)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20130118/1358519508
-10年前のエントリー
--カール・マルクス著(中山元訳)『資本論 経済学批判 第1巻 I』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20120118/1326897015
-11年前のエントリー
--大学犬はなちゃんの日常(その214)→https://akamac.hatenablog.com/entry/20110118/1295359068
-12年前のエントリー
--おさぼり
-13年前のエントリー
--小島朋之著『和諧をめざす中国』→https://akamac.hatenablog.com/entry/20090118/1232285753
-14年前のエントリー
--経済教育学会編『経済教育』第26号→https://akamac.hatenablog.com/entry/20080118/1200650937