1029今西幹一(企画)佐藤裕子・増田裕美子・増満圭子・山口直孝(編)『『坊っちゃん』事典』

書誌情報:勉誠出版,iii+288+19頁,本体価格4,500円,2014年10月20日発行

『坊っちゃん』事典

『坊っちゃん』事典

  • -

ドラえもん』はじめマンガ本の作品事典は目にしたことがあるが,一文学作品に特化した事典はとても珍しい。人文・社会科学に広げても例が少ないように思う。
日本人なら誰でも知っている『坊っちゃん』に登場する人物・地名・施設・風俗などを取り上げた「作中用語篇」,作者漱石の生い立ち・足取り・家族交友関係・前後の著作物・登場人物のモデル・松山ゆかりの史蹟などを扱った「関連項目篇」,さらに成立考・研究史・パロディ・観光資源などの話題を集めた「コラム篇」と3部構成である。
もともと原稿用紙150枚の中編小説が300ページ余の事典を編ませるのだからおもしろい。事典(全体で280超えの項目,50名ほどの執筆者による)としてはもちろん,拾い読みしても読みごたえがある。
本書の編集中に亡くなられた(2009年5月1日)企画者は漱石作品の作品別事典を考えその第一弾が本書である。